スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

中国ボーカロイド第2弾言和の中の人劉セイラ(kkryu、パンダ氏)さんへのインタビュー記事を翻訳してみた

 
 中国のアニメや漫画を紹介する情報サイト『178ACG頻道』で、中国ボーカロイド第2弾言和の中の人、「劉セイラ」さんへのインタビュー記事がアップロードされておりました。

言和 劉セイラ

中国ボーカロイド第2弾言和の中の人劉セイラ(kkryu、パンダ氏)さんインタビュー記事




 
 また、このインタビュー記事の冒頭には次のような注意書きがあります。

 本文由178驻站记者 羊、流石火 拍摄,妹分不足 采访整理报道。独家发布于178ACG频道(acg.178.com),转载请注明作者及出处,并于文首保留此行。


 この注意書きを日本語に翻訳すると、以下のようになるかと思います。

 本文は178の記者羊・流石火、撮影:妹分不足がインタビューしたものをまとめた報道です。178ACG頻道が独占して発表しているものです。転載するときは作者及び出処を明記し、あわせてこの文章を併記しておいてください。

 このような注意書きがありますので、もしこの記事を転載しようという方がいらっしゃいましたら、178ACG頻道のURLと、上の中国語の文章、それと、日本語のサイトの場合は、私の日本語訳を一緒に記載することを忘れないようにしておいた方がよろしいかと思います。

 というわけで、この次から肝心のインタビュー記事の本文を日本語に翻訳してみようかと思います。


みなさんもうご存知かと思いますがVOCALOID CHINA第2弾オリジナルライブラリー言和の声優は、日本の青二プロダクションの所属している中国人声優kkryuさんです!

 上海のCCGで当編集部はVOCALOID CHINAのブースでkkさんにインタビューを行った。インタビュー全体を通して突っ込みどころ、萌えどころが無数にあり、当編集部もジャーナリスト精神を発揮するように努め、様々な悪だくみで色々なことを聴きだしました。下のインタビュー全文を見てみましょう。

 Q:日本の青二プロダクションというプロの声優事務所に所属してどんな収穫がありましたか?
 A:収穫はとても大きかったです。にほんでは非常に多くの声優が青二プロダクションに所属していて、私も最初入ったときは特に緊張していて、私がここにいてもいいのかと思いました。けどとても多くの優秀な先輩たちが現場で助けてくれ、色々教えてくださいました。ですから、収穫はとても大きかったです。

 Q:それでは青二プロダクションで私たちと共有できる何か面白いことはありましたか?
 A:非常に多くの声優ファンがネットでいつも声優の写真を見ているかもしれませんが、例えば緑川光さんの写真とか、ある時事務所に行ったら彼らがそこに座っていて、あまり現実感がなくて、いたって普通でした。事務所に入ってからはファンの心は無くなっていたので、彼らは先輩だという感覚で、ですからすぐに普通に挨拶をしたら、向こうも普通に挨拶を返してくれて、基本的にこんな感じです。

 Q:好きな声優さんと一緒に仕事をしたことはありますか?
 A:私が本当に声優になってからは、ファンとか声優を好きになるとかそういう気持ちではなくなったように感じます。釘宮理恵さんのような先輩を私はすごく尊敬しているのですが、彼女と初めて仕事をしたときは『キングダム』の中で、私は小さな役を演じました。登場してすぐに「ああ!」と叫んで死んじゃう(笑)、現場で彼女がどう演技をするか、どうキャラクターに入り込むかを見ることができて、すごくかっこいいと思いました。

 Q:中国の声優は日本に行って腕を磨くべきだと思いますか?それとも中国で腕を磨くべきだと思いますか?
 A:もちろん中国です。二つ目の選択肢はありえないです。
 Q:(編集大笑い)それじゃ今、自分の選択に後悔してるの?
 A:いえ、後悔はしていません。私が日本に行って最も感じたのは私たちはアニメ・漫画文化が好きでようやく声優理解し始めていますが、実はアニメ・漫画について言えば、もし声優になるならば、まず役者であることが必須です。役者が自分の言葉で表現をするにはやはり母国語がもっともストレートだと思います。現在、私もやはりすごく困難な壁に当たっています。たとえば間違った言葉を使ったら、日本語で日本人に聞いてもらって共感されたり、世界中の人が聞いたときに共感してもらうのは実は非常に難しいことです。だからもし友達が声優や声で演技をする人になりたがっていたら、私はやはり中国に留まることをお勧めします。中国にも非常に多くの優秀な先輩がおりますし、しかも作品も次第に増えてきていて、すごく発展している場所です。

 Q:今回、中国の新しいボーカロイドのライブラリーとなったきっかけは何ですか?
 A:最初は声のオーディションで、当時私も参加していました。当時第1弾に選ばれたのはみなさんご存知の洛天依ですが、みなさんも知っている通り、私の声はこんなです、こんなのがどうして洛天依にふさわしいんだろう(大笑い)、ですから第1弾に選ばれたのは山新さんでしたし、私はこの企画とは縁がないのだと思いましたが、その後、思いがけず第2弾が制作されることになり、比較的男の子っぽい声でした。最初、私は男の子だと思っていたので、比較的低い声で録音しました。結果として雌雄の区別のない言和となり、すごくいいと思います。

 Q:まさか録音した時に女の子だって知らなかったの?(汗)
 A:それがかえってよかったです。性別よりも必要なのは声です。だから私は生まれてくるときはきっと私の息子だと思いました。結局、生まれてきたのは女の子だったので、驚きました。

 Q:それじゃあ今回、もっとも感じたことは何ですか?
 A:私は前に多くの作品を作ったことがあり、私は創作活動を以前から好きで始めていて、すごく楽しいと思います。ですので、言和に歌を歌わせるのもいいし、絵を描くのもいい、PVを作ってもいい、あるいは物語を作ったりするなどしてもいい、そこにはすごく可能性があると思います。もしみなさんがこのソフトを使って自分の創作活動を始めたら、新しい世界が開けてくるかもしれません。ですから、私もみなさんが私と一緒に創作活動ができるようになってほしいと思います。

 Q:ネットではたくさんの人がkkさんと山新さん、つまり言和と洛天依の百合カップリングを期待してるでしょ。
 A:百合!?ぷっ・・・個人的には百合もいいのですが、私の心の中ではずっと言和を息子だと思っています。以下は私の個人的な趣味の話ですが、もしある人が言和を性転換させて男の子に変えて、そして洛天依に正式にプロポーズしても、それはかっこよくないんじゃないかと。私の個人的な妄想ですので、みなさんの自由な創作活動を歓迎します。性転換もオッケーです。(最後のこの言葉、kkさん暴露しちゃった?)

 Q:みなさんに言和でどんな曲をつくって欲しいと思いますか?
 A:みなさんもご存知の通り、言和のオリジナルCDが発売されており、中には様々なスタイルの楽曲が入ってます。比較的かっこいい曲もありますし、ナイトのような曲もあり、さらに特に萌え萌えなお風呂の歌もあり、驚いてます。私は言和には多くの可能性があると思います。洛天依は非常に癒し系な声ですが、言和については個人的には言和の声には私個人の冷たくクールな部分がいささかあり、さらにお姉さんの様な成熟した穏やかなところもあり、もちろん彼女の声を高めにすれば萌え萌えな感じにすることもできます。だから、可能性はすごくあります。みなさんが様々なジャンルの曲を言和につくってくださることを歓迎します。

 Q:kkさんの声は比較的、元気な少年が似合いますし、ネット上では言和も可愛い男の子だと言われています。kkさんは可愛い女の子の声は得意ではないのでしょうか?
 A:(萌え萌えな女の子の声で)え~、どうしてそんなこと言うの!本当に、わたしだってできるんだよ、嫌い!(大笑い)本当にすいません。

 Q:萌え!それならば自分が声を充てるキャラクターのジャンルを広げようとしたことはあるのかな?
 A:実は非常に広げたいと思っているのですが、みなさんが私にチャンスをくれる必要があります。みなさんが将来、作品を制作して、可愛い女の子を出すときは、kkを使いましょう!青二プロダクションへの連絡も歓迎です(宣伝をする)。もちろん希望です。

 Q:「東京楽園」の主催者をすることになったきっかけは?何か収穫はありましたか?
 A:実は具体的にどう始めるかは私も知らないんです。もし事務所にこんな仕事があって、NHK国際放送で、みなさんがNHK国際放送を検索することができたら、「東京楽園」は毎週月曜日の午後に一度更新していて、私はその中で5分だけ喋っています。みなさんの投稿も受け付けていて、みなさんと電話でなにかお話をしたり、みなさんがもし電話番号を残しておいてくれたらNHKからみなさんに電話しております。生放送でおしゃべりをして、とても楽しい番組で、みなさんネット上で無料で聞くことができます。収穫はとても大きく、たとえば私は最初、やりたくありませんでした。とても簡単で誰でもできる、しかも台本見ながら読むだけ。しかし、後で、収録したのを自分で聞いてみたところ、実は人を楽しませるのはやっぱりすごく難しいことで、一種の演技で、一種の自然な演技でもあるのだと感じました。さらにみなさんと電話をするときは台本はありませんし、毎回私が電話をする人はどんな人なのか、私に何を質問してくるのか、私はまったくわかりません。だから、毎回このときはすごく緊張するのですが、やはりとても楽しいです。

 Q:(悪だくみをして)それじゃあ、何かorzってなったことはあるの?
 A:orzなことは逆にいいことで、あの番組は5分間しかないのに、ある時、熱心な方が十分以上も話したくてたまらない様子で電話をしてくださったものですから、最後の二分間はカットせざるを得ず、非常に残念でした。こんな時は私もハイになって、より面白いです。

 Q:kkさんは以前、「東京楽園」の番組の中で、日本に行ってようやく自分のイメージと違うことに気が付いたそうですが、それでは日本の声優の世界で仕事をしてから、自分のイメージとどんな違いがありましたか?
 A:すごく大きな違いは、私たちは普段、声優の一面を見ることができますが、それらはいずれも彼らの非常にアクティブな一面です。実は一人でアフレコ作業をしているときは比較的単調で比較的辛いです。例えば私がCode:Breakerのアフレコをしたとき、初めて日本のアフレコ現場を見て、同時に一人のキャラクターとして参加しました。4つのマイクに10数人がいるだけで、一気に演じるもので、中国の一人ずつアフレコするようなものではなく、どうしても一人が間違えると、後の人に迷惑がかかってしまいます。だからみなさんまるで戦場にいるようです。

 Q:中国の商業声優と同人声優界で奮闘している仲間に何か言いたいことはありますか?
 A:私はまだ歩み始めたばかりだと思っておりますので、彼らに言えることも何もありません。私個人のことについて言うならば、私は最初、声真似をすることから始めました。しかしある時になって、やはり表面を真似するはしたくないと本当に思うようになりました。例えば萌えボイスあるいはかっこいい声、これを真似するだけならば他人の心を伝えることはできません。本当に心から演技をするならば、やはりたとえばたくさん本を読んだり、様々な人と多く接したり、たくさん勉強することが必要です。実は私が感じたのは好きなことそれ自体が一種の勉強で、みなさんが本当に集中さえすれば、真面目に自分の好きなことを極めることができます。

 Q:最後に178動漫頻道の読者に一言。
 A:178?漫?道のみなさん、私はkk、劉セイラです。今は中国や日本で歩み始めたばかりですが、みなさん機会があれば私の出演した作品をご覧になっていただきたいと思います。言和Projectを支持してくださる皆さんも様々な作品を作ることができます。必ずしも性転換ものとは限りませんよ(笑)、みなさんありがとうございます。

(情報元:ACG動漫頻道

 以上が、日本語訳になります。

 しかし、インタビュアーさん、なかなかよい質問をしますねw

 Q:ネットではたくさんの人がkkさんと山新さん、つまり言和と洛天依の百合カップリングを期待してるでしょ。
 A:百合!?ぷっ・・・個人的には百合もいいのですが、私の心の中ではずっと言和を息子だと思っています。以下は私の個人的な趣味の話ですが、もしある人が言和を性転換させて男の子に変えて、そして洛天依に正式にプロポーズしても、それはかっこよくないんじゃないかと。私の個人的な妄想ですので、みなさんの自由な創作活動を歓迎します。性転換もオッケーです。(最後のこの言葉、kkさん暴露しちゃった?)

 このやりとり、非常に笑わせていただきましたw

 また、kkさんの創作活動についても触れられていますが、それに関連してこんな動画が上げられていたります。



 はい。中の人が以前、歌っていたボーカロイドの曲を、言和に歌わせている動画です。この調子だと、そのうち非公式ラジパンとかが放送されるかもしれませんw





 個人的には、『七色のニコニコ動画』とかを希望したいんですが・・・・・・。


 それと、インタビュー中で触れられている「東京楽園」というのは、NHKの中国語版「NHK WORLD」の一コーナーだったりします。

「NHK WORLD」中国語のページ

 このページは中国でも聞けるので、話題になっているのでしょうね。



follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。