スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

加藤裕康 『ゲームセンター文化論』 新泉社を読んで。

 
 超がつくほど、久しぶりの更新となりますw

 最近、加藤裕康氏の『ゲームセンター文化論』という本を読み、これが非常に面白かったので、久しぶりにブログを書くことにしましたw
 この本ははっきり言って、本格的なゲームセンター研究書であると思います。ゲームや遊びに関する研究は、ホイジンガの『ホモ・ルーデンス』カイヨワの『遊びと人間』八尋茂樹の『テレビゲーム解釈論序説/アッサンブラージュ』『デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド』などといった本がありますが、ゲームセンターという空間を主題に置いた著作は、私が知る限りではこの本だけです。
 

 そこで、早速目次の方を紹介しますと、こんな感じ。

 加藤裕康 『ゲームセンター文化論 メディア社会のコミュニケーション』 新泉社

序章 ゲームセンターの若者たち
第1章 ゲームセンターへの視線
第2章 ゲームセンター文化の生成
第3章 コミュニケーション・ノート
第4章 イラスト・ノート
第5章 快適な居場所とするための戦略
第6章 伝言・掲示板
終章 新たな若者文化のきざし
補論1 女子中高生の日常写真ブーム
補論2 プリクラを消費する少女たち

 副題が示すとおり、ゲームセンターとコミュニケーションが主題となっており、さらに補論として、ゲームセンター発祥となるプリクラブームと社会との関係性についても述べられております。
 とりあえず、自分なりに第2章までの内容をまとめて、以下に記していこうかと思います。


加藤裕康 『ゲームセンター文化論 メディア社会のコミュニケーション』 まとめ


 序章

 「あんJr.」と「ジュン」という同じゲームセンターの、同じコミュニケーションノートの常連二人の対比が印象的な章。

 ・「あんJr.」・・・・・・・・・・「あんJr.」と「J.A」という二つの名前を使い分け、コミュニケーションノートにおいても、自分の弱い部分を隠す。
 ・「ジュン」・・・・・・・・・・コミュニケーションノートの中ではすべてをさらすことができる。

 第1章

 変なバイアスのかかったものも含めた、ゲーム及びゲームセンターに関する先行研究をまとめ、ゲームセンター独自の魅力を以下の4点にまとめている。

 1.大画面・大音量の迫力
 2.体感型
 3.見知らぬ観客の存在・ハレの場
 4.同じ趣味を持つ見知らぬ他者との出会い

 第2章

 カイヨワの『遊びと人間』で示されている遊びの4つの遊びの要素が、ゲームセンターではどのように現れているかを述べている。
 カイヨワが示した遊びの4つの要素は以下のとおり。

 ・アゴン(競争)
 ・アレア(運)
 ・ミミクリ(模擬)
 ・イリンクス(眩暈)

 次に、上記の遊びの要素のうち、アゴンとミミクリについては、ゲームセンターでは以下のような形であらわれている。

 ・アゴン(競争)
1.格闘ゲームなどでの、人との対戦
2.コンピューターとの対戦でも工夫次第でアゴン(競争)が発生。
3.音げーの“魅せる”プレイ

 ・ミミクリ(模擬)
ビデオゲームでは、高得点を得られるとハンドルネームを入力する画面が出る。(現実生活と違う別人を演じる)

画面に現れるハンドルネームの文字を通して同じゲームに熱中する他者の存在を感じ取る。

 また、ゲーセンに集まる人々の価値観は多様であり、男女でプレイするゲームも異なっている。これらの差を埋めるため、コミュニケーションノートが生まれた。
 コミュニケーションノートはもともと、店が客の苦情をすいよせるために置かれたものであったが、やがて、ゲームの攻略や自己紹介がつづられるようになり、ゲーセンは互いに交流しあう社交の場として機能するようになった。



 とりあえず、以上が第2章までの内容のまとめです。
ゲームセンターの魅力として、確かにギャラリー、すなわち観客がいるから楽しいといった部分があるのは、なんとなく私も経験したことがあります。自分が強いボスと戦っていたりハイスコアを更新しているときにギャラリーの存在に気がつくと、妙に興奮してきたりしたことがあるのは私だけではないはず。
 また、逆に達人プレイヤーが強敵と戦っていて、たくさんのギャラリーがいたりしているときなど、ついつい応援したくなり、まわりにいるほかのギャラリーとの奇妙な一体感を感じるときがあるのは私だけでしょうか?
 さて、この本の続きの部分のまとめや感想はまた後日。



 こんな動画を見ていると、確かに観客の存在というのは、ゲームや遊びの重要な一要素なんだと思いますね。
最近のアーケードゲームは、ゲーム画面も後ろから見えやすくなっており、テーブル筐体などよりもはるかにギャラリーしやすくなっていることも多いんだなと、今日、ゲームセンターに行って感じました。
 




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。