スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

ゲームの影響について4

 
 一応、今回で坂元 章編『メディアと人間の発達』(学文社 2003年)のテレビゲームに関する記述の内容まとめと、感想が終ります。

 前回の記事で、テレビゲームがコミュニケーションツールとして、役に立つのではないかという話になった際、精神科医の斉藤環氏の名前を出しましたが、こちらのインタビュー記事を見ますと、斉藤氏も同じような考え方のようですね。このインタビュー記事の中では、斉藤氏は親子で一緒にゲームをするのはよいアイディアではないかと仰ってますが、これは『メディアと人間の発達』の「テレビゲームと暴力」(参考:「ゲームの影響について2」)に書かれたアメリカのテレビゲームへの対処方法も、おそらくは子どもへの悪影響を事前に予防するためのものだけでなく、良いコミュニケーションツールとして利用しようとするアメリカなりの方法なのではないかと思います。

 さて、今回の話は、ゲームと脳との影響についてなのですが、これに関する世間一般で最も有名なものは、その学説の正当性、真偽はともかくとして、森昭雄氏の著書『ゲーム脳の恐怖』(NHK出版 2002年)で提言された「ゲーム脳」ではないでしょうか。 『メディアと人間の発達』も2003年と、このゲーム脳の議論が世の中でHOTな話題となっていた時期に出版されたこともあってか、コラムとして少しだけ、この「ゲーム脳」について触れております。森氏のゲーム脳に関する研究は。非常に問題を含んだもので、Wikipediaなどにも詳しく書かれているように、インターネット上でも数多くの議論や見解が載せられております。
 ただし、今回の部分は『メディアと人間の発達』にコラムとして載せられたもので、今まで紹介してきた部分のような深く突っ込んだ議論ではなく、これまでの研究を簡単に述べたものとなっております。また、以前にも書いたように、この本は2003年に出版されたものであり、そのため、ニンテンドーDSで発売された「脳トレ」のようなゲームは当時、ほとんど出ていなかったことも頭に入れて置いてください。

 安藤玲子 「テレビゲームは脳の発達に悪影響を及ぼすか」(坂元 章編『メディアと人間の発達』学文社 2003年、125~128ページ)
テレビゲームの脳への悪影響論の契機の一つとなったのは2001年に発表された川島隆太の研究である。川島はこの研究において、テレビゲーム中は単純な計算をしている時よりも脳の活動範囲が狭くて活動レベルも低く、とくに前頭前野の活動レベルが低いことから、子どもの脳の発達には、テレビゲームで遊ぶよりも、脳が広い範囲で強く活性する読み書きや簡単な計算などの基本的学習をするほうが大切ではないかと主張した。川島の主張はテレビゲームが子どもの前頭前野の発達を阻害する可能性を直接的に指摘したわけではなかったが、マスコミに「テレビゲームが子どもの脳の発達を阻害する」と大きく扱われ、注目を集めた。
 このような中で、森昭雄の研究では、自己が開発した脳波形を用いた実験の結果から、テレビゲーム使用が、前頭前野の発達を阻害し、将来的に集中力の無い、激情をコントロールできずにキレやすい人間にすると警告を発した。
 川島や森の研究で指摘されているようなテレビゲームと前頭前野に関するこれまでの研究成果をまとめると、テレビゲーム中は、①ゲームによって前頭前野の異なる部位が活性するか全く活性しない、しかし、②ゲームに集中している時は前頭前野の一部が活性化していることになり、よって、テレビゲーム中は少なくとも前頭前野での広範な活性は生じていないといえそうである。
 これが成長期の子どもの発達上望ましくないことかというと、現時点ではよくわからないというのが大方の見解であると思われる。ただし、このような現象は、テレビゲームに限ったことではなく、複雑な計算時のように、われわれが「頭を使っている」と感じることでも起こりうる。
 テレビゲームの脳への影響に関する研究は、まだ端緒についたばかりであり、結論を出すのは時期尚早といえる。テレビゲームは、ハード的、ソフト的な進歩に加え、遊び方も変化しているため、さまざまなゲームジャンルにおいて、その影響についての長期的な研究が必要であろう。テレビゲームの弊害を追求するだけでなく、安全な付き合い方や、脳の発達への効果的な利用法についての研究、脳機能を高めるハードやソフトの開発が検討なされるべきであろう。
 以上が、安藤氏の文のまとめです。要するに、「テレビゲームをすることは、脳に良いのか悪いのかよくわからないということがわかった」ということだと思います。
 ここでは最後に脳機能を高めるソフトの開発がされてもいいんじゃないかという話が出てますが、これはもうすでに出てますねw
 また、ここで紹介されている森氏の研究には、まとめでは省きましたが、いくつか批判がありこの本では、森氏が独自開発した脳波形の信憑性に対する疑問の声があることなどが紹介されています。私も少しだけ、森氏の『ゲーム脳の恐怖』を読んだのですが、脳に関する話の真偽はともかくとしても、論理の飛躍が何箇所か見られ、あまり良い本では無いと思いました。
 『メディアと人間の発達』の感想については、ひとまずこれで終了ですが、私がこれまで作ったまとめには、あくまでもまとめであるという性質上、実験などの結果については、省いております。また、もしかすると、私自身が著者の主張を勘違いしている部分もあるかもしれません。それを確認するために、皆さん、是非、この本をご自身の目で読んで確かめて欲しいと思います。
 




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
269位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。