スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

【プリキュア】山田利博『アニメに息づく日本古典―古典は生きている― 』感想・評価・レビュー【機動戦艦ナデシコ】

山田利博『アニメに息づく日本古典―古典は生きている― 』を読んだので感想を書いてみたい。

 山田利博『アニメに息づく日本古典―古典は生きている― 』を読みました。一見、何の関係も内容に見えるアニメと古典ですが、これらにいったいどんな関係があるのでしょうか?



 オタク文化に関する記事は以下の通りです。
化濱 『コスプレでつながる中国と日本 越境するサブカルチャー』再読 感想・評価・レビュー 日中コスプレ事情
櫻井孝昌 『日本が好きすぎる中国人女子』 感想・評価・レビュー
遠藤誉 『中国動漫新人類』 感想・レビュー・評価【再読】
日野トミー 『なんで私が中国に!?』ネタバレ・あらすじと感想・評価・レビュー
テレビチャンピオン「アキバ王選手権」優勝者寺尾幸紘氏の『オタクの心をつかめ』を買ってきた
寺尾幸紘『オタクの心をつかめ 最強の購買意欲をもつ顧客たち』感想・評価・レビュー




アニメの中に古典はどう息づいているのか?

 以前にもこのブログで話題にしたことがある山田利博さんの本、『アニメに息づく日本古典―古典は生きている―』を読みましたので、その感想を少し。
山田利博 『テレビゲーム「サクラ大戦」の文学性』(宮崎大学教育文化学部紀要 人文科学6 2002年)って学術論文を読んでみました。





商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
作り手としては「子供向け」というポーズを採ってはいるけれど、面白いから、大人もこっそり観たり読んだりしている。この姿勢は、平安時代の古典作品も同じだった。難しいもの・高尚なものとして、つい敬遠されがちな古典だが、セーラームーンにおける竹取物語、サクラ大戦における歌舞伎など、古典的要素はアニメやマンガにふんだんに用いられ、作品を魅力的に彩っている。世界に誇る文化となった日本アニメーションの中で生き続け、これからも受け継がれていくであろう日本古典文学・文化の要素とは。

著者について
現職:宮崎大学教育文化学部教授 主著:『源氏物語の構造研究』 (2004年,新典社)    「玉鬘の流離と幸運―玉鬘と以後の巻々」 (『光る君の物語』 1992年5月,勉誠社)    「大和和紀 「あさきゆめみし」 ―現代の源氏物語絵巻を探る―」 (『物語―その転生と再生』 1994年10月,有精堂)    「源氏物語の映像化」 (『源氏物語研究の現在』 2006年10月,おうふう)    「文学としてのマンガ―現代版竹取物語・「セーラームーン」 について」 (『宮崎大学教育学部紀要』 第85号,1998年9月)


 なお、もしかすると気がついた方もいるかもしれませんが、実はtogetterの方にもすでに感想を書いております。(すごく荒れてますがw)




 上のまとめの方では『サクラ大戦』に登場する決めポーズを例にして、歌舞伎の見得についての内容をまとめております。これは要するに下の記事を書いたときの論文をもとにわかりやすく内容をまとめたものですね。
山田利博 『テレビゲーム「サクラ大戦」の文学性』(宮崎大学教育文化学部紀要 人文科学6 2002年)って学術論文を読んでみました。

 まあ、『サクラ大戦』に関する部分は上のtogetterのまとめの方や、昔の記事を読んでもらうとして、ここではそのほかの部分の感想をちょっと書いてみたいと思います。

 まず第1章、これはセーラームーンと『竹取物語』との関わりを述べている章。これについては以下の論文が元になっておりますので、興味がある方はそちらの方もご覧になってみてください。
文学としてのマンガ : 現代版竹取物語・「セーラームーン」について

 武内直子の『美少女戦士セーラームーン』が竹取物語をモチーフにしている部分がいくつかあり、それらに関する考察をおこなっておりますね。

 第2章は小松和彦さんの本(たぶん、神隠しと日本人あたり)とかにも少し触れられていたような気がするのですが、『千と千尋の神隠し』に登場する「異界」についてのお話ですね。

 そして第3章には『機動戦艦ナデシコ』の中に見られる「引用」(ここでいう「引用」とは、一般的な意味で使われる引用ではなく、文学用語としての「引用」だそうで、非常にわかりにくいのですがどうも「パロディ」のようなものを指して「引用」と言っているような気がします)。古典文学作品にももちろん「引用」は登場するのですが、アニメ作品においてはそれらがどのように表れるのかを考察しております。これも元になった論文が以下のリンク先のページから見ることができますので、興味がある方はそちらの方もご覧ください。
文学としてのマンガ(5) : 「引用」について

 そして、第4章には『サクラ大戦』の内容が入り、最後に描き下ろしとして「プリキュア」に関する話が記載されております。もちろん、『プリキュア』シリーズに古典作品がどのように活かされているのかが描かれております。

 私としては、第3章と第4章の内容を目当てに購入しておりますので、非常に大満足する内容でした。一読をおススメしますよ。


 『アニメに息づく日本古典―古典は生きている― 』は以下のリンク先から購入できます。
アニメに息づく日本古典―古典は生きている― (新典社新書51)(amazon)
アニメに息づく日本古典―古典は生きている― (楽天)


follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。