スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

なぜ人は「あっかんべー」をするのか知ってますか?大形徹『魂のありか 中国古代の霊魂観』感想

「あっかんべー」をするのにもちゃんと理由があった!?大形徹『魂のありか 中国古代の霊魂観』

 大形徹氏の『魂のありか 中国古代の霊魂観』を読みました。タイトルの通り、中国古代の霊魂や悪霊に対する考え方を述べた本なのですが、「あっかんべー」と悪霊に密接な関係があるって知ってました?

『魂のありか 中国古代の霊魂観』表紙


 中国に関する本の記事は以下の通りです。
三国志の真の主役は誰か?渡邉義浩『三国志 演義から正史、そして史実へ』感想・評価・レビュー
林田慎之助『人間三国志 豪勇の咆哮』感想・評価・レビュー 豪傑たちの生き様とは?
水滸伝の時代って本当はどんな時代?講談社中国の歴史07 小島毅『中国思想と宗教の奔流 宋朝』感想・評価・レビュー
満田剛『新説 「三国志」の虚構と真実』をパンダ・パブリッシング様から献本いただきました!
【講談社 中国の歴史シリーズ】杉山正明 『疾駆する草原の征服者 遼 西夏 金 元』感想 「蒼き狼とその時代」




「あっかんべー」には悪霊退治の力があったらしい!?

 大形徹氏の『魂のありか―中国古代の霊魂観』を読みました。戸タイトルの通り、古代中国の霊魂に対する考え方や悪霊など民俗的な事象について、色々と書かれております。



『魂のありか 中国古代の霊魂観』表紙


『魂のありか 中国古代の霊魂観』の中身1


『魂のありか 中国古代の霊魂観』の中身2


『魂のありか 中国古代の霊魂観』の中身3


 古代中国の人々は、どうやら霊魂というものは人間の頭に宿ると考えていたようで、魂は頭から抜けていくことが多いと考えられていたのだとか。

 中国では長らく、死んだ人間の魂は泰山などいくつかの山々に集まっていくと考えられていたようなのですが、これは山が地上よりも「天」に近いからであって、頭から魂が抜けていくと言うのも、それと同じように人間の体の中で最も「天」に近いからなのだろうか・・・・・・?

 また、このほか、人間に病気やたたりを起こさせる悪霊などについても色々と詳しく書かれていたりします。中でも蠱毒(日本で言うところの「憑き物」)に関する話が非常に面白いですね。

 蠱毒というのは、虫を使った呪殺の方法で虫や蛇などといった悪霊を使った呪殺の方法なわけですが、これはどういうわけか日本でも長らくそういうものがあると考えられていたようです(参考:『憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫)』『日本の憑きもの―社会人類学的考察 (中公新書)』『日本の憑きもの―俗信は今も生きている』)。

 このような悪霊たちがいれば、当然それらを退治する方法などもあるわけで、その方法の一つが「張目吐舌」という方法。これは「目を大きく見開いて舌を出す」というもの、つまり「あっかんべー」の姿なわけです。

 「あっかんべー」は中国に限らず、わりと広い地域や国々で「恐ろしい姿」として認識されていたようなのですが、悪霊に向かってこの恐ろしい姿をすることで悪霊を避けたり、退治したりする能力があったというわけです。

 この「張目吐舌」についてはこの本の他に、大阪府立大学の紀要の中に論文を書いております。これはネットからでも閲覧できますので、興味のある方はそちらの方をご覧になってみてください。

大形徹『張目吐舌考 : 霊魂との関連から』

 こういう民俗学っぽいものって意外と我々、今の日本人の生活の身近にあるものと関わってくるものも多くて面白いんですねよね。

 大形徹『魂のありか 中国古代の霊魂観』は以下のリンク先から購入できます。
魂のありか 中国古代の霊魂観 (角川選書)(kindle版・amazon)
魂のありか―中国古代の霊魂観 (角川選書)(amazon)
魂のありか 中国古代の霊魂観(単行本・楽天)

魂のありか 中国古代の霊魂観(電子書籍・楽天)

魂のありか 中国古代の霊魂観(単行本・セブンネット)


follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。