スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

水滸伝の時代って本当はどんな時代?講談社中国の歴史07 小島毅『中国思想と宗教の奔流 宋朝』感想・評価・レビュー

小島毅氏の講談社中国の歴史07『中国思想と宗教の奔流 宋朝』を読みました!

 小島毅氏による講談社の中国の歴史07『中国思想と宗教の奔流 宋朝』を読みましたので、その感想を書いてみたいと思います。宋って『水滸伝』の舞台となった時代なのですが、実際はどんな時代だったんでしょうかね?



 中国に関する本は以下の通りです。
台湾人・ウイグル人に日本人はどう見えているのか?安田峰俊『境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々』感想・評価・レビュー
【中国の歴史06】仏教と唐詩と遣唐使と。氣賀澤保規『絢爛たる世界帝国 隋唐時代』感想・評価・レビュー
中国とは何なのか?富坂聰『中国 無秩序の末路 報道で読み解く大国の難題』感想・評価・レビュー
三国志の真の主役は誰か?渡邉義浩『三国志 演義から正史、そして史実へ』感想・評価・レビュー
林田慎之助『人間三国志 豪勇の咆哮』感想・評価・レビュー 豪傑たちの生き様とは?




宋朝は士大夫の時代!そもそも士大夫ってなんぞ!?

 金文京氏の『中国の歴史04 三国志の世界』や、川本芳昭氏の『中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝時代)』、氣賀澤保規誌の『絢爛たる世界帝国(隋唐時代)』に続いてずっと読んでいる新版・講談社の『中国の歴史』シリーズですが、今回はその7巻宋朝を描く、小島毅氏の『中国思想と宗教の奔流』を読みました。

【書評】三国志の本ならこれは読んでおけ!金文京『中国の歴史04 三国志の世界』感想・評価・レビュー
【講談社中国の歴史シリーズ】漢民族と異民族、そして日本。川本芳昭『中華の崩壊と拡大(魏晋南北朝時代)』感想・評価・レビュー【書評】
【中国の歴史06】仏教と唐詩と遣唐使と。氣賀澤保規『絢爛たる世界帝国 隋唐時代』感想・評価・レビュー

 今回の『中国思想と宗教の奔流』で話題となっているのは『水滸伝』の舞台にもなって時代ですね。

 とりあえず、Amazonの内容紹介はこの通り。

内容紹介
中国伝統文化の型を作り上げた変動と改革の時代
士大夫の精神、朱子学の形成

大唐帝国を揺るがせた安史の乱から200年、五代乱離のあとを承けて宋朝建国。文治主義をとったことの功罪は、いかなるものだったか。北方の異民族王朝に対し絶えず軍事的劣勢にありながらも、後世まで規範となる政治・社会・経済システムを作り上げ、文化の華がひときわ咲き誇った宋朝300年の歴史を通観する。
内容(「BOOK」データベースより)
大唐帝国を揺るがせた安史の乱から二〇〇年、五代乱離のあとを承けて宋朝建国。文治主義をとったことの功罪は、いかなるものだったか。北方の異民族王朝に対し絶えず軍事的劣勢にありながらも、後世まで規範となる政治・社会・経済システムを作り上げ、文化の華がひときわ咲き誇った宋朝三〇〇年の歴史を通観する。
中国思想と宗教の奔流内容紹介より

 本書は事実上の唐の崩壊となった安史の乱から話をすすめて、元によって南宋が滅びるまでを書き、王安石の新法改革などから始まる経済改革や、文化、政治史などをあますところのなく概観しております。

 宋は漢や唐と比べ、軍隊は弱かったのですが、その分、文化の面では色々と発展した時代だと小島氏は位置づけております。

 確かに靖康の変の際の天子は風流天子・徽宗であり、彼は軍事よりも詩や文学に興味があったようですし、喫茶の文化が発展し、また後に西洋に渡り、ヨーロッパに大きな社会変革をもたらした火薬・羅針盤・活版印刷などはだいたいこのあたりの時代に登場したものだったかと思います。

 つまり、『水滸伝』の舞台となった宋の時代は、実際には『水滸伝』に登場するような英雄豪傑たちよりも、むしろ文化人・知識人たちの活動が目立った時代であったというわけですね。

 また、宋の時代にはいよいよ、中国の東南にある臨海部分が経済の中心地となり、これは現在にいたるまで続いております。



 本書を読んで面白かったのは、この宋の時代にはすでに「儒教は宗教か否か?」という議論が行われていたことですね。この議論は現代においても見られるものですが、宋代の人達もそんな議論をしていたのですね・・・・・・。

 内容も非常にわかりやすく、おすすめの良書です。


 小島毅氏の『中国思想と宗教の奔流』は以下のリンク先から購入できます。
中国思想と宗教の奔流 (全集 中国の歴史)(amazon)
【送料無料】 中国思想と宗教の奔流 宋朝 中国の歴史 / 礪波護 【全集・双書】 (楽天)

中国の歴史 07 中国思想と宗教の奔流 宋朝(セブンネット)

中国の歴史 07 中国思想と宗教の奔流(hontoネットストア)




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
191位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
1位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。