スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader

ブロガー必見!『三国志演義』に学ぶ面白い文章の書き方|井波律子・翻訳『三国志演義(一)』ネタバレ・感想・あらすじ・評価・レビュー

やっと井波律子氏の翻訳による『三国志演義』の1巻を読み終わりましたw

 ようやく井波律子氏の翻訳による『三国志演義』の講談社学術文庫版1巻を読み終わりました。そこでさっそく感想を書いてみたいと思うのですが、実はこの『三国志演義』は、物語を面白くする様々な手法が凝らされているのですが、それはいったいどのような手法なのでしょうか?



 三国志・三国志演義に関する記事は以下の通りです。
日本人なら読むべき!渡邉義浩『魏志倭人伝の謎を解く - 三国志から見る邪馬台国』感想・評価・レビュー
『人間三国志 覇者の条件』林田慎之助|曹操・劉備・孫権、三人の君主はどのように生きたのか?
『人間三国志 軍師の采配』林田慎之助 感想・評価・レビュー|三国志屈指のライバル関係:諸葛孔明と司馬懿はどう戦ったのか?
【書評】三国志が好きなら絶対読むべき!金文京『三国志演義の世界』感想・内容・評価・レビュー
井波律子氏による現代語訳『三国志演義』を買いました!|『三国志演義』なんてくだらない?いえいえ、全然そんなことはないですよ!




『三国志演義』の手法は現在でも使われている!

 この『三国志演義』という本は、明末の羅貫中なる人物によって、それまでに存在した「説三文」などといった三国志語りを集大成したものであると考えられております。

 その版本には、明代の嘉靖年間に作られた嘉靖本や、同じく明代の高名な学者・李卓吾の名を語って作成されたと思われる李卓吾本に、現在最も通行している毛宗岡本など、実に様々な種類があります。



 そんな『三国志演義』の文章における大きな特徴の一つに、毎回同じようなパターンで終わるという特徴があります。たとえば、『三国志演義』第10回はこのように締められております。

(徐州の陶謙が曹操の徐州大虐殺に遭遇し)陶謙は城に入り、部下の者と対策を協議して言うには、「曹操軍は勢力が強くて抗し難い。私がみずから体を縛って曹操の本陣に出向き、斬るなと裂くなと思い通りにさせたなら、全徐州の住民の命が救えよう」。

 その言葉が終わらないうちに、一人の者が進み出て言うには、「府君(との)は長らく徐州を治められ、人々は恩徳に感謝しております。今、曹操軍は多勢とはいえ、すぐにこの城を攻め落とすことはできません。府君(との)には住民といっしょに堅く守り出撃されてはなりません。私は不才の身ではありますが、いささか計略があり、曹操が死んでも葬られる土地すらないようにしてみせましょう」。

 一同大いに驚き、その計画はどんなものかとたずねた。これぞまさしく、

  本は交わりを治めんが為に反って怨みを成し(仲良くしたいのに かえって恨まれ、)
  那(な)んぞ知らん 絶処に又(ま)た生に逢わんとは(なんと絶体絶命の窮地に救いの手。)

 というところ、はてさてこの人物はいったい誰でありましょうか。まずは次回の分解(ときあかし)をお聞きください。
(井波律子訳『三国志演義 (一) (講談社学術文庫)』237~238ページ、傍線はGEOによる)


 この『三国志演義』第10回では、窮地に立った陶謙が部下とその対策を協議していたところ、ある人物(次の11回を見るとこの人物は麋竺)が、陶謙の窮地を救う策を出し、「はてさてこの人物はいったい誰でありましょうか。」と読者に疑問を投げかけ、「まずは次回の分解(ときあかし)をお聞きください」と締めています。

  「まずは次回の分解(ときあかし)をお聞きください」というのは、要するに「次回をお楽しみに」という現在でも、テレビアニメやドラマの次回予告などで見かける常套句なので、『三国志演義』は毎回毎回、締めの文章に読者に疑問を投げかけ、「それでは次回をお楽しみに」で終わっているということになります。

  これはなにも『三国志演義』第10回だけが特別なわけではなく、


 「はてさて曹操の命はいかがあいなりますでしょうか。まずは次回の分解(ときあかし)をお聞きください」
(第四回、井波律子訳『三国志演義 (一) (講談社学術文庫)』118ページ)


 「はてさて献帝の命はいかがあいなりますでしょうか。まずは次回の分解(ときあかし)をお聞きください」
(第九回、井波律子訳『三国志演義 (一) (講談社学術文庫)』220ページ)


 などなど、毎回毎回、読者に疑問を投げかけ、続きは次回のお楽しみにというパターンで物語が締めくくられております。



 なぜ毎回このパターンで締めくくっているのかというと、このように話を疑問文で締めくくることによって、「続きが気になり、続きを知りたくて仕方が無くなってしまう」という効果を狙った物語を面白くするためのテクニックであったと考えられております。

 これと似たテクニックは、実は現在でもテレビ番組などいたるところで見かけることができ、面白い文章を書くためには必須のテクニックの一つとなっております。

 たとえば、高橋フミアキ『一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』では、こちらは文章の書き出しのテクニックですが、面白い文章を書くために「疑問文」から始めるというテクニックを紹介しております。(一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック118~119ページ)



 高橋フミアキ氏の解説によると、人間は疑問符がついた文章を見ると、その答えを見つけ出そうと次の文章を読み進めるようになるのだそうです。

 これを心理学などではザイガニック効果などと言ったりするようなのですが、『三国志演義』の各回の締めくくりもこれと同じなんですね。



 ちなみに、『三国志』語りのうまかった講釈師たちの中には、この疑問を投げかけ、「次回をお楽しみに」パターンで、通常は一回で済む内容を何回にも分けて区切り、大きな売り上げを上げていたカリスマ講釈師たちもいたのだとか。





 最後に、鋭く賢い読者の皆様方の中にはすでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この記事も・・・・・・

実はこの『三国志演義』は、物語を面白くする様々な手法が凝らされているのですが、それはいったいどのような手法なのでしょうか?


 という疑問文で書き出しを始めております

 この一文で続きが気になって読み進めてくださった方は、はたしてどれだけいらっしゃるのでしょうか?w

 井波律子訳の講談社学術文庫版『三国志演義』1巻は以下のリンク先から購入できます。
三国志演義 (一) (Amazon)



follow us in feedlySubscribe with livedoor Reader


Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
2位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。