スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




平凡社版閲微草堂筆記 上巻読了

 
 日本にG.Tキターーーーーーーー!!!

WARNING!!!

A HUGE BATTLE SHIP
       G.T
IS APPROACHING FAST



 今日、ようやく平凡社から刊行されている『閲微草堂筆記 上巻』を読み終わりました。

中国怪異譚 閲微草堂筆記〈上〉 (平凡社ライブラリー)中国怪異譚 閲微草堂筆記〈上〉 (平凡社ライブラリー)
(2008/05)
紀 〓

商品詳細を見る


 この本は伝奇小説といわれるジャンルの本でして、中国の妖怪や幽霊たちのお話がたくさん出てきます。
 それにしても、科挙の試験場でのお話が多いです。宮崎市定氏の『科挙―中国の試験地獄 (中公新書 (15))』などでも書かれておりますが、科挙の試験は受験生にとって、本当に一生を占う一大イベントであるため、カンニングTシャツや試験官への賄賂など、不正を働く輩も数多くいたようです。そのため、科挙の試験期間中は、受験生ならびに試験官以外の試験場の出入の一切を禁止、更に受験生や試験官は、試験場の外に出ることを一切禁止されていたりもしたようです。そして、科挙の試験は時に一ヶ月以上にも及んだりすることもあったようですので、試験を受けたことの無い人から見れば、「中で何が行われているのだろう?」と薄気味悪かったのかもしれませんね。




スポンサーサイト

中国の遊びと日本の遊び

 
書いた記事を誤って、消してしまったorz

中国のオタク(中国語では「御宅」、「宅男」「宅女」などとも書かれる)文化について書かれている百元籠羊さんの超有名ブログ「日中文化交流と書いてオタ活動と読む」にて、日本の麻雀と中国の麻雀について、少しだけ触れられております。

 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む ここ最近の中国オタク事情 咲ブームとエロ同人摘発

 この記事を読んで思ったのですが、 中国語では普通、麻雀は「麻将」と書きます。私の持っている小学館の中日辞典によると、中国語でも「麻雀」と書くことはあるようですが、一般的には使われないようです。いったいなんでこんな違いがあるんでしょうかね?ルールの違いとなにか関係があるのかな?

 日本の麻雀と中国の麻雀については、以下の記事などを参照。
麻雀 (Wikipedia)
中国麻雀 (Wikipedia)

 このような違いについて考えてみたら、日本の将棋と中国の将棋(象棋)も名称のみならず、ルールも大きく違うことを思い出しました。

将棋 (Wikipedia)
象棋 (Wikipedia)

 日本と中国の合作アニメである『象棋王』第15話では、少しだけ、「将棋」と「象棋」のルールの違いが説明されています。




 こちらの7分30秒過ぎあたりから、主人公の無悔(金髪の少年)と、日本の将棋の名人田中棋真(眼鏡+着物の少年)とが「象棋」を打つシーンがあります。ここで田中棋真は取った駒を盤上に置きます。これは、日本の将棋では反則ではありませんが、象棋では反則になります。


 こういった、遊びのルールの違いが何に由来しているのか、調べてみると面白いかもしれないですがね。




漫画版 咲 公式サイト
アニメ版 咲  公式サイト
日中文化交流と書いてオタ活動と読む 中国アニメの新兵器「象棋王」
日中文化交流と書いてオタ活動と読む 象棋王キャラクター紹介
edge-works(象棋王製作関連会社)
DESIGN FACTORY(象棋王製作関連会社)


人気ブログランキングに登録してます。
よかったら、クリックしていってください。
人気ブログランキングへ

日本ブログ村ランキングにも登録してみました。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 歴史ブログ 世界の伝統・文化へ

FC2ブログランキングにも(ry
FC2 Blog Ranking




塩を嫌う神様


 中国の伝承曼荼羅 (三弥井民俗選書)という本をいま、読んでいるのですが、そのなかに、中国のいくつかの民族の伝承に、塩を嫌う雷神の話が出ておりました。

 私にとって、この記述は、少なからず意外なことでした。
というのも、塩というものは、現在においてこそ、工場でごく当たり前のように生産され、スーパーなどでこれまた、ごく当たり前のように買うことが出来ますが、歴史的には、高級品であり、また、人間や動物が生きていくためには必要不可欠なものです。ヨーロッパなどでは、塩をお給料として渡していますし(英語の「salary」の語源は「salt」からきているそうです)、中国では代々、経済の要として、国家が独占しており、密売人も登場しております。また、塩の道 (講談社学術文庫 (677))には、我が国の人たちがいかに苦労して、塩を手に入れていたかが書かれています。

 筆者の百田氏によりますと、この雷神様はオンドリの姿をしているのだそうですが、なるほど、鶏肉を使った料理に塩はつきものですし、鶏肉料理というものは、雷神様にとっては、自分が料理されているようであまりいい気分はしないでしょうねw
 要するに、塩はオンドリである雷神様にとっては、自分が料理されている姿が浮かんでしまい、いい気分がしないので、嫌いということのようですw


アクセスカウンターが100を超えました。
どうもありがとうございます。
人気ブログランキングに登録しました。
よかったら、クリックしていってください。
人気ブログランキングへ




犬と狗

 今日は、dogについて少し。
日本語では、「犬」と「狗」の間に明確な区別はありませんが、中国語では古くjから、「犬」は主に大人のいぬを指し、「狗」とは子犬のことを指します。
 中国において、日本語で言うところのイヌは、7000年前のものと思われる化石が発掘されております。

 中国において、イヌは聖なる動物の一つとして考えられていたようで、八巻本『捜神記』には、数多くのキツネの妖怪を退治するイヌが現れます。
 また、地域や時代、資料、史料により表記の仕方は異なりますが、盤コという神様がおり、現在でも徭族(ヤオ族)などは、盤コの子孫で、尻尾(のようなもの?)を現在でも付けているのだそうです。

 日本の昔話に「花咲か爺」というものがありますが、その「花咲か爺」の源流となんらかの関わりがあると言われている伝承に、中国の「狗耕田」譚というものがあります。
 これは、日本の「花咲か爺」が「隣の爺さん婆さん」型の説話であるのに対し、いじわるな兄と弟の話に変わっていたり、イヌ自らが田を耕して主人に富を授ける話に変わっていますが、日本の「花咲か爺」といったい、どのような関わりがあるのでしょうね?

アクセスカウンターが100を超えました。
どうもありがとうございます。
人気ブログランキングに登録しました。
よかったら、クリックしていってください。
人気ブログランキングへ




神隠し

 今、テレビで宮崎駿の『千と千尋の神隠し』を見ております。
宮崎駿の作品が、柳田国男をはじめとした民俗学にたぶんに触発されて作られたものであることは、あちこちで指摘されておりますが、この作品は、「神隠し譚」がモチーフとなっていることは、いうまでもないことかと思います。

 神隠しは、どうも日本特有の現象のようですが、以前、小松和彦氏の神隠しと日本人 (角川ソフィア文庫)を読んだ時、小松氏は神隠しが起こるまでの過程を、次のように説明していたかと思います。

1.男の子が外に遊びに出かける
2.遊びに夢中になり、男の子が気づいた時には、辺りが暗くなっている。
3.家に帰ると、両親が怒る姿が目に浮かぶので、男の子は帰るのが嫌になる。
4.家に帰りたくないあまり、無意識のうちに、足が家から遠ざかる。
5.男の子が行方不明となる。

どうでしょうか?男性の方なら、なんとなく、神隠しにあった男の子達の気持ちが理解できるのではないでしょうか?w

人気ブログランキングに登録しました。
よかったら、クリックしていってください。
人気ブログランキングへ




NEXT≫

Powered By 画RSS
ブックマーク
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへblogram投票ボタン
follow us in feedly Yahoo!ブックマークに登録 Subscribe with livedoor Reader
スポンサードリンク
プロフィール

GEO(ジオ)

Author:GEO(ジオ)
大学や大学院などで中国の歴史を専攻し、その後は数年、横浜の中華街で働いていたこともある人。
しかし、中国語レベルはほんの少ししかできない人。

三国志オタクだったのがどこをどう間違えたか、中国に関する色々な本を読む雑食になる。


管理人のTwitter



当ブログのFacebook

Google+






Toggeter:管理人がまとめたToggeter

Naver:管理人がまとめたNAVERまとめ

新浪微博(クリックでプロフィールへ飛びます)

PLURK
GEOのPLURK

プロフィールの画像はくるくる様のサイト、コレキタよりいただきました。

最新記事
カテゴリ
未分類 (134)
STG (153)
アニメ・ゲーム・艦これ・妖怪ウォッチ・初音ミク・などのグッズ (134)
ラブライブ!関連グッズ (28)
刀剣乱舞 -ONLINE-関連グッズ (7)
アニメの感想 (98)
ドラゴンボール超の感想とネタバレ・グッズ紹介 (27)
Charlotte(シャーロット)のネタバレ・感想・グッズ紹介 (18)
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス)のネタバレと感想 (8)
『WORKING!!!(ワーキング)』のネタバレ・感想 (4)
『乱歩奇譚 Game of Laplace(ノイタミナ)』のネタバレ・感想 (6)
『城下町のダンデライオン』のネタバレ・感想 (7)
『実は私は I am...』のネタバレ・感想 (6)
『のんのんびより りぴーと』のネタバレ・感想 (6)
ラストサマナー (2)
面白い漫画・おすすめの漫画のネタバレ・感想 (110)
信長のシェフのネタバレ・感想 (14)
咲 Saki・シノハユのネタバレ・感想 (12)
BTOOOM!やLa Vie en Doll(ラヴィアンドール)のネタバレ・感想 (19)
MAJOR 2nd(メジャーセカンド)など満田拓也作品のネタバレ・感想 (19)
ハイスコアガールやピコピコ少年のネタバレ・感想 (10)
『魔法使いの嫁』 ネタバレと感想 (6)
私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のネタバレ・感想 (7)
エルフを狩るモノたちのネタバレ・感想 (3)
中国・香港・台湾・中国語 (694)
中国アニメ (89)
中国アニメ『雛蜂 -BEE-』 (7)
中国ボーカロイド 洛天依 (79)
中国ボーカロイド 言和 (26)
中国ボーカロイド 楽正綾(乐正绫) (13)
中国ボーカロイド 戦音Lorra (3)
中国・香港・台湾ボーカロイド事情 (61)
民俗学 (9)
読書 (79)
ツイッターまとめ (432)
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )
スポンサードリンク
九十九姫 オンラインゲーム FLOWER KNIGHT GIRL オンラインゲーム
人気記事ランキング

2009年10月20日集計開始

ユーザータグのリスト表示
翻譯機(translator)
メールフォーム

ネタ提供とか感想など何かありましたら、ぜひご利用ください。 また、記事を書いてほしいといったライターとしてのお仕事の依頼なども受け付けております。ぜひ、一度ご連絡をお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
シューティング
1位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。